男性

最近注目されている葬儀の形|家族葬をする良さを知ろう

数珠と花

増える家族葬の魅力

家族葬は費用や家族の負担を抑えつつ、親しい参列者だけで充実した別れができる葬式です。形式は自由で世間体にとらわれず、ユニークな演出をとり入れることもできるため、自分らしい内容にすることが可能になっています。これらのことから、生野区では家族葬は大きな選択肢の一つとして、注目されることが多いです。

葬儀場

お別れの儀式

宮前区での葬儀には、仏教だけでなくキリスト教などいろいろな宗旨の葬儀について経験豊かなプロが丁寧に執り行ってくれます。故人の気持ちを汲んだ葬儀をしてもらえる宮前区は、お別れをする人たちにとっても安心です。

注目される葬儀形式

花

身内でゆっくりお別れする

一般的な葬儀は、家族や親類、友人だけでなく、会社関係やご近所の人など、形式的な付き合いであった間柄の人も参列することが多いです。最近注目されているのが、家族葬です。家族葬は、家族や親類、親しかった友人など、身内だけで執り行われる葬儀です。「葬儀は身内で済ませました」と事後報告を受けたことがある、という人もいるでしょう。家族葬が増えた理由として、高齢化が影響しているともいわれています。職場を引退してからなくなるまでの期間が長くなることで、会社関係の参列が減ってくるからです。訃報をお知らせする相手が少なくなることで、自然に身内だけで葬儀を行うことも多くなってきています。また、核家族が増えていること、宗教にこだわりのない人が増えていることも影響してるといわれています。通夜や葬儀の手順や流れはほとんど同じですが、通夜を行わない、など選択することもできます。家族葬のメリットは、身内だけでゆっくり故人とお別れできる点です。一般的な葬儀の場合、形式的な付き合いの人も多く参列するため、挨拶や対応に追われ、慌ただしいうちに葬儀を終えてしまうことがあります。そのような労力の必要がないというところがメリットのひとつです。また、家族葬は一般的な葬儀と比べて、参列者が少なくなることから、費用が安くなる傾向があります。香典返しなどを準備する手間も省けます。一般的な葬儀は200万円近くかかることもあり、経済的なメリットから家族葬を選択する人も増えています。

葬儀場

自由な葬式スタイル

特定の宗教に属さない故人は、自由葬で送り出しましょう。故人の趣味に特化した葬儀や、故人の生前を振り返る葬儀が行えます。生野区の中でも自由葬を得意とする業者を選べば、より理想に近い葬儀が行えるでしょう。